顔 脱毛 ニキビ

ニキビがあっても顔脱毛はできる?

 

ニキビがある場合に顔脱毛ができるかどうかは、サロンなどの判断によるところが大きいです。ニキビは皮膚の炎症にあたりますから、あるだけで施術は不可というサロンもありますし、程度によっては施術可能というところも少なくありません。万が一炎症が悪化したときのことなどを考えて、サロンではなく、医師と相談しながらクリニックでの医療脱毛を受けるというのも一つの方法です。

 

また、脱毛することによってニキビが出来るということは基本的にはありません。施術直後は毛が抜けて毛穴が残った状態になるため、お手入れの仕方によっては毛穴に皮脂や汚れが入り込んで炎症を起こしやすい状態にはなってしまいます。ただし、洗顔などできれいに汚れを落とした状態を保ち、十分な保湿を行うことで、毛穴は徐々に閉じていきますから、そうなると逆にニキビはできにくくなります。

 

レーザーの光も、肌にとって全く刺激にならないわけではありませんが、それよりも心配なのはレーザーを当てることによって肌が一時的に乾燥しやすくなることです。そのため、元々肌トラブルのない人でも施術後は十分な保湿をすることが求められます。ニキビができやすいという人は特に、乾燥すると皮脂が過剰に分泌したり、炎症を起こしやすくなるため、しっかり保湿を行うようにしましょう。きちんとお手入れを行なえば、光レーザーにはフォトフェイシャル効果があるものも多いので、逆に美肌になるという効果も期待できます。

 

 

このページの先頭へ戻る