顔 脱毛

顔脱毛で毛穴はなくなる?

 

顔脱毛をすると、顔のムダ毛がなくなるのでお手入れは楽になりますが、毛穴が目立ってしまったのでは意味がありません。すべすべの滑らかな肌にするためには、アフターケアのやり方などがとても大切になります。

 

本来、顔の光脱毛では、毛穴は目立ちにくくなるはずです。というのも、そこで使われる光線は、もともとはエステサロンのフォトフェイシャルなどにも使われていたもので、美肌効果があるためです。光を当てることによって肌にハリが出ることで、毛穴の開きが小さくなり、肌が引き締まって表面が滑らかになるのです。もちろんサロンによって使っている機械が違うので、フォトフェイシャル効果についてはいろいろ異なりますが、せっかくなら美容効果が高いサロンを選んでいくのも良いかもしれません。

 

ただし、顔脱毛後はきちんとケアをしないと、毛を抜いた跡が逆に目立つようになってしまう場合があります。例えば、その部分が炎症をおこしたり、毛が抜けた後に皮脂などが詰まってしまうのがそのケースです。こうしたトラブルを防ぐには、施術後の保湿が大切。肌が敏感になっているので保湿によって肌をクールダウンすると同時に、乾燥して皮脂が過剰に分泌することを防ぎ、毛穴に皮脂などが詰まらないようにします。

 

きちんとケアをすれば、脱毛後の毛穴はなくなりこそしませんが、徐々に閉じて目立たなくなります。必ず洗顔などで清潔を保ち、保湿を十分に行うなど、適切なケアをしておきましょう。

 

 

顔は医療脱毛がよいってほんと?

 

医療脱毛とは、エステサロンや脱毛サロンではなく、クリニックで行われます。光レーザーを使用するという点ではサロンで行われるのと同じなのですが、クリニックで医師の監督のもとに行われるということで、より出力の高いレーザーが使用されるのが特徴です。

 

医療脱毛の優れている点は、細い産毛まで対応できるということでしょう。レーザー脱毛は、黒い部分に反応するレーザーで毛根を破壊することによって毛が生えてこないようにするものですから、細い産毛は、意外としっかり施術するのが難しく、サロンでは産毛は対象外だったいり、産毛が多い顔の部分は対象外だったりするので、クリニックでの施術が適しているのです。

 

また、医師が常駐しているクリニックのほうが、万が一の肌のトラブルなどの場合に素早く適切な処置が受けられるという安心感もあります。施術部分が顔だけに、跡が残るようなことがあっては困りますから、きちんとケアが受けられるというのは大きなメリットです。サロンの場合も提携クリニックのサポートがあるケースは多いですが、やはりその場ですぐに診てもらったり相談できるというのはクリニックの強みでもあります。

 

とはいえ、一般的にはサロンで行うよりも医療脱毛のほうが費用も高くつきます。そのため、広範囲に施術を受けることが必要な手足などはサロンで行い、顔などだけをクリニックで行う、という人もいるのです。コストパフォーマンスを考えると、それも良い方法かもしれません。

 

 

顔脱毛って効果があるの?

 

顔は体の他の部分ほどムダ毛が目立つ場所でありません。しかし、よく見ると産毛がかなり生えており、これを脱毛することでさまざまな効果があるのです。

 

まず、産毛は他の毛ほど色が濃いわけではありませんが、それでも多少は色がついています。そのため、産毛がなくなると、肌の色が一段階白くなったように見えるのです。実際に、ファンデーションの色が明るくなったり、色を変えたという人もいるくらいですから、意外と産毛は顔色に関係しています。

 

また、産毛がなくなると、化粧のノリがかなりよくなるので、肌が滑らかに見えたり、化粧崩れがしにくくなるのもメリットです。産毛があるとどうしてもそれが邪魔をしてファンデーションが均一に延びなかったり、表面がガサガサしたりするのですが、産毛がなくなるとそれもないので、各段にメイクがやりやすくなります。

 

もちろんこうした産毛をなくすためには、こまめに剃るというのも一つの方法ですが、カミソリを肌に滑らせるのはどうしても肌に負担を与えてしまいます。専用のクリームや洗顔料をつけた状態であっても、やはり全く負担がないわけではありません。脱毛してしまえば、剃る必要もなくなるので、肌への負担を減らすことができます。

 

とはいえ、顔の脱毛、特に産毛などは、どこでも施術ができるわけではありません。顔はやっていないということもあれば、その一部は対象外という場合もあります。サロンよりはクリニックなどで行われる医療脱毛のほうが効果も高いので、希望の部分の施術までしっかりしてくれるクリニックを探すのがおすすめです。

 

 

更新履歴
このページの先頭へ戻る